進学塾の種類

塾にはいろいろな形があります。
勉強をする環境として、進学塾を選ぶ際、さまざまな基準を持って選ぶことでしょう。
それも、子供たちだけが選ぶわけではありません。
大人がしっかりと評価し、ここであれば問題がないだろうという塾を選択してあげなければ、勉強する環境として適切なものでなくなってしまうことも出てきます。

進学塾は、個別指導塾と集団塾という形に変わってきました。
以前では全く聞くことのなかった形ですが、塾という環境が個別指導にシフトしてきているということがあるからです。
講師1人に対して、生徒が1人か2人という方式が個別指導になりますが、それだけ生徒が少なくなってきているということがあげられます。
さらには、どうせ塾に通わすのであれば、できるだけ手厚く勉強を指導してもらうほうがいいという要望もあったのです。
その結果、個別指導という言葉が生まれ、比較するために集団塾という形で呼ばれるようになってきました。

現在、個別指導と集団塾は、競い合う形で共存するようになっています。
しかし、さまざまな点でこの二つには違いがあり、子供たちにとっても向き不向きが存在するのです。
さらに、親としての負担の問題もあります。
進学塾は、無料で行けるところではない以上、その費用負担という点も見逃すことはできないからです。
絶対にこっちでなければいけないということはありません。
メリット・デメリットともに存在しますので、比較しながら選択を考えていくことが大切であるといえるでしょう。



≪特集≫
個別指導と集団塾、家庭教師など指導の形が選べる進学塾の求人サイトです ⇒⇒⇒ 進学塾

Copyright © 2014 進学塾を比較する All Rights Reserved.